PCなんでも屋
English
ハードディスク修復/データ回復サービス
こんな場合でも修復/データ回復ができます
ハードディスク修復/データ回復の例1
ハードディスク修復/データ回復の例2
サービスの手順
料金表
サービスのお申し込み
その他のサービス
ハードディスク修復のTIPS
書籍紹介
店長のブログ
ITAYA's Home Page

このページに記載された文章・画像等の無断転載を禁じます。なお、リンクはご自由に行っていただいて結構です。
TIPSその12

「削除できないファイル/フォルダを削除するには」



 ファイル/フォルダを削除しようとしたら、エラーメッセージが表示されて削除できないことがあります。こういう場合でも強制的に削除する方法があります。
 その前に、削除できないといっても、その原因は1つではありません。原因に合わせて削除方法も違ってきます。そこでまず、削除できない原因を見てみましょう。考えられる原因は次の5つです。

●ファイル/フォルダを削除できない原因
1) そのファイル/フォルダを削除するためのアクセス権がないため削除できない。

2) そのファイル/フォルダを何かのアプリケーションが開いたままになっているため削除できない。

3) ファイルシステムに何らかの問題があるため、そのファイル/フォルダを削除できない。

4) そのファイル/フォルダのパス名が長すぎるため、削除できない。

5) そのファイル/フォルダ名にWindowsで扱えない文字・記号が使われているために削除できない。

●対処方法
1) ファイル/フォルダを削除しようとするとアクセス権がないというエラーメッセージが表示される場合は、TIPSその11「アクセス権、所有権の取得」を参照して適切なアクセス権を設定してから削除してください。

2) アプリケーションによっては、開いているファイル/フォルダを他のアプリケーションから保護するために、削除や変更ができないようにロックする場合があります。この場合は、そのアプリケーションを終了させてから削除します。アプリケーションが異常終了した場合には、アプリケーションが終了した後もファイル/フォルダがロックされたままになってしまうこともあります。あるいはロックしているアプリケーションが特定できない場合もあります。このような場合はWindowsをセーフモードで起動して削除します。

3) ファイルシステムに問題があるため削除できない場合は、チェックディスクを実行してファイルシステムを修復してから削除します。ただし、チェックディスクを実行すると、大事なデータが失われたり、かえって深刻な事態になる危険もありますので、できれば大事なデータのバックアップを取ってからチェックディスクを実行することをお勧めします。
参考:TIPSその10 「チェックディスクの機能と問題」

4) ファイル/フォルダ名が非常に長かったり、非常に深い階層の奥にある場合など、そのファイル/フォルダのパス名が長すぎると削除できない場合があります。この場合は、8.3形式の短いファイル/フォルダ名を使って削除するか、いったん短いファイル/フォルダ名に変更してから削除します。これでうまく削除できない場合は、浅い階層までそのファイル/フォルダを移動してから削除します。

5) ファイル/フォルダ名に、Windowsで予約されている名前 (例えば "con" や "nul" など) が使われていたり、ファイルシステムで認められていない文字・記号 (例えば "\" や "/" など) が使われていると削除ができません。通常はこれらの名前のファイル/フォルダが作成されることはないのですが、アプリケーションのバグでこういった名前のファイル/フォルダができてしまう場合があります。また、LinuxやMacなどのWindows以外のOSではこれらのファイル/フォルダ名が利用できるため、Windows以外のOSから貰ったファイル/フォルダが削除できないこともあります。この場合は、コマンドプロンプトで次のように特殊な構文でファイル/フォルダを削除します。

ファイルの削除
del "\\.\<ドライブ名>\<パス名>\<ファイル名>"
または
del "\\?\<ドライブ名>\<パス名>\<ファイル名>"

例えばd:ドライブのtempフォルダにあるconというファイルを削除するには、
del "\\.\d:\temp\con"
または
del "\\?\d:\temp\con"
と入力します。

フォルダの削除
rd /s "\\.\<ドライブ名>\<パス名>\<フォルダ名>"
または
rd /s "\\?\<ドライブ名>\<パス名>\<フォルダ名>"
例えばd:ドライブのtempフォルダにあるnulというサブフォルダを削除するには、
rd /s "\\.\d:\temp\nul"
または
rd /s "\\?\d:\temp\nul"
と入力します。
(by ITAYA)

これで修復できない場合はハードディスク修復/データ回復サービスをご利用ください。