PCなんでも屋
English
ハードディスク修復/データ回復サービス
こんな場合でも修復/データ回復ができます
ハードディスク修復/データ回復の例1
ハードディスク修復/データ回復の例2
サービスの手順
料金表
サービスのお申し込み
その他のサービス
ハードディスク修復のTIPS
書籍紹介
店長のブログ
ITAYA's Home Page

このページに記載された文章・画像等の無断転載を禁じます。なお、リンクはご自由に行っていただいて結構です。
TIPSその3

「正常 (不明なパーティション) と表示されるパーティションの修復方法」



●注意●
 ここで示す操作は中・上級者向けのものです。初心者向けではありません。ここで書かれた内容を理解できない場合は、絶対に操作しないでください。間違えると取り返しのつかない結果になる恐れがあります。


 次の画面のように、ディスクの管理画面でパーティションが「正常 (不明なパーティション)」と表示され、アクセスできないトラブルが起きることがあります。このとき、そのパーティションにドライブ名を付けることもできません。このトラブルはWindows XP/2003で起きます。
 またWindows Vista/2008/7では、「正常 (プライマリパーティション)」と表示されるものの、ファイルシステムが表示されず、アクセスできない症状になります。やはりこの場合もドライブ名を付けることができません。
 このトラブルはWindows 2000では起きません。同じパーティションがWindows 2000では問題なくアクセスできます。
 Windows 2000でもアクセスできない場合は、以下の方法では修復できません。TIPSその2 「フォーマットされていないというエラーメッセージが出るパーティションの修復方法」で修復してください。

 このトラブルの原因はMBRのパーティションテーブルのシステムIDが、Windowsで認識できないIDになっているためです (「システムIDの問題」を参照)。実際にパーティションテーブルを見てみると、次のようになっています。
システムIDを見る − クリックして拡大

 ここではシステムIDが「28」となっていますが、別に「28」に限ったことではなく、FATやNTFS以外のシステムIDであれば同様です。
 Windows 2000では、システムIDを無視してパーティションのファイルシステムを直接見にいくため、システムIDがどんなIDかはアクセスの可否に影響しませんが、Windows XP/2003/Vista/2008/7では、正直にシステムIDを見て、そのパーティションがアクセス可能かどうかを判断していますので、認識できないシステムIDのパーティションはアクセス不能になります。
 このようなシステムIDの不整合は色々な原因で起こります。例えば、SystemCommanderやBootMagicなどのマルチブートツールでは意識的にシステムIDを書き換えて、そのパーティションを不可視にするといった操作を行います。システムIDが書き換えられた状態の時にこれらのツールをアンインストールすると、システムIDが書き換えられたままになってしまうことがあります。
 この不具合を修復するには、単純にシステムIDを正しいIDに書き換えてやればよいことになります。Disk Probeなどのディスクエディタを使って書き換えてください。
(by ITAYA)

これで修復できない場合はハードディスク修復/データ回復サービスをご利用ください。